いいおじいさんの話

いいおじいさんの話
うつくしいつばさがある天使てんしが、まずしげないえまえって、心配しんぱいそうなかおつきをして、しきりとうちのようすをろうとしていました。
そとにはさむかぜいています。ほしがきらきらとれたはやしのいただきにかがやいて、あたりは一めんしろしもりていました。天使てんしるもいたいたしげに、素跣すはだし霜柱しもばしらんでいたのであります。
天使てんし自分じぶんさむいことなどはわすれて、ただこのまずしげないえのようすがどんなであろうということを、りたいとおもっているふうにえました。いえうちにはうすぐら燈火とうかがついて、しんとしていました。まだねむ時分じぶんでもないのにはなごえもしなければ、わらごえもしなかったのであります。

あ~カテゴリの最新記事